BLOG

夏バテ・秋冬対策は内側から!

2019/09/18
ロゴ

まろんのエステです!

 

夏が終わりに近くなることで、夏バテがみられるのがこの時期です

 

夏バテは内臓疲労やエネルギーの消費不足が特徴で

 

身体のだるさが感じることが多い時期です。

 

前回の記事では夏バテのメカニズムと美容に与える影響について

 

お話していきました。

 

今回はより踏み込んで食事についてお話していこう思います!

 

 

夏バテの多くは身体のエネルギー消費がうまくいかないことで

 

身体の機能が不規則になってしまうことが原因で発生します。

 

いくらエネルギーを多く発生させる栄養素を摂取しても

 

消費ができないと、脂肪など蓄積物に回されてしまいます。

 

 

ここでエネルギー消費を手助けしてくれるのが

 

『ビタミンB1』『ビタミンB6』『ビタミンC』になります!

 

最初に『ビタミンB1』についてです!

 

ビタミンB1は体内の炭水化物などをエネルギーとして使うため

 

分解を手伝ってくれる栄養素になります。

 

ビタミンB1は豚肉や大豆に多く含まれていて、

 

疲労回復の食品としてよく知られていますね!

 

和食にも組み込みやすいため、食事に一品加えてみてはいかがでしょうか!

 

 

次に『ビタミンB6』についてです!

 

ビタミンB6は「タンパク質・脂質」の「分解・エネルギー発生」を

 

手助けしてくれる栄養素になります!

 

このビタミンB6が少なくなってしまうと、

 

体内でエネルギー消化が不十分になり分解されず、

 

むくみの原因にもなってきますので、摂取するようにしましょう!

 

主な食材では、秋刀魚・鮭・鮪(赤身)・小麦・豆・牛乳

 

に多く含まれています!魚類は秋が旬なものも多いので

 

食事に足して摂取するようにしましょう!

 

 

最後に『ビタミンC』です!

 

ビタミンCは身体のケアや美容などあらゆる面で活躍する

 

オールラウンダーです!!ビタミンCがないと内出血や肌荒れ、

 

治療遅延など、身体の様々な症状を引き起こします!

 

また身体の老化防止やコラーゲン形成の役目もあるため

 

肌のキメ細かさの持続、肌の新生・ターンオーバーにも効果があります!

 

秋冬の乾燥に負けない肌を作るためにも食事から見直していきましょう!

 

ビタミンCが多く含まれる食材ですが、

 

主に果物全般に含まれています!果物の実だけでなく皮にも

 

ビタミンCは多く含まれているため、砂糖漬けなどにすると

 

美味しくたべれるのでデザートや食後の一品に足してみてはいかがでしょうか!

 

 

これからの季節は乾燥が強く、外からのケアだけではカバーできないこともあります。食生活から気をつけて美しい肌作りをしていきましょう!