BLOG

気候の変化と美容

2019/08/31
ロゴ

初夏に比べ過ごしやすい気候になってきました

 

朝と夜は涼しく、日中はカラッとした天気で運動もしやすい

 

気候になってきましたね!

 

ところが過ごしやすくなった分、体調の管理をしないと体調不良を

 

招いてしまうことがあります。。

 

涼しい気候にガラッと変わったことで、筋肉や血管が冷えやすく

 

肌の潤いやトーンにも影響が出てしまうので

 

過ごしやすくなった分身体が芯から冷えにくくする工夫も必要になります!

 

 

身体の外側に当たる部分は外からの熱で変動しやすいため

 

暑さ・寒さによって変動が起こり身体の外側・内側に

 

大きな変化をもたらします!

 

夏の暑い時期から涼しい時期に移行すると、

 

身体のたくさんの機関が熱の調節をしようとして

 

血管を伸ばしたり縮めたりするので、

 

知らないうちに身体を疲れさせている状態になってしまいます。。

 

 

ここで大切なのが気候との変化を急ではなくなだらかにすることです!

 

いきなりエアコンの設定温度を20度にしたり

 

冷たい食べ物ばかりでなく、だんだんと身体の設定温度を下げ

 

冷やしすぎないことがこの時期は大切になってきます!

 

 

気候が下がったことで冷たい食べ物にも少し注意が必要です!

 

今までと同じように冷たい食べ物ばかり摂取してしまうと

 

気候が低い状態に加え、食べ物によって内臓から冷やしてしまうので

 

身体の内側と外側両方から冷やしてしまう事になります。

 

冷えに弱い内臓は、冷えてしまうと身体の血液循環に作用しずらくなり

 

血行不良を起こし体調不良だけでなく、

 

新鮮な血液が回らない事で古い血液によって肌がくすんで見えてしまったり

 

循環不足によって身体にむくみが発生してしまうので

 

冷えた食べ物ばかり摂取することは避けるようにしましょう!