BLOG

ニキビから内臓の不調がわかる!?

2019/04/08
ロゴ

誰もが嫌がるニキビ。またできた!と、不愉快な気分になってしまうこと、ありませんか?

ニキビの原因は様々ですが、東洋医学的観点から見てみると面白い発見があります。

なぜなら、顔と内臓は繋がっているという考えがあるからです。

 

そこで今回は、ニキビのできるところから見えてくる内臓の不調についてのお話です。

 

そもそも、ニキビはなぜできる??

東洋医学では、体の熱と老廃物(分解できずに溜まった余分な栄養分や毒素)によってニキビが出来やすくなると言われています。例えば、「お菓子を食べたらニキビが出来ちゃった!」これは、お菓子に含まれる糖質や脂質の摂り過ぎで、皮脂の分泌が増加して、アクネ菌の餌になってしまうからです。

お肉・お菓子・加工食品の摂りすぎや暴飲暴食は消化器に負担がかかってしまい、消化できなかったものがそのまま血液に流れて、肌荒れが生じてしまいます。

その他にも、寝不足だったりストレスで疲れていると肝臓の働きが弱まってしまい、老廃物が溜まりやすくなりニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

場所別:ニキビの発生部分~

 

●あごニキビ

原因:ホルモンバランスの乱れ・腸の不調・冷え

対策:冷たいものを避けて、体を温めるネギ・生姜などの薬味や紅茶を積極的に摂る  ようにしましょう。

 

●口周りニキビ

原因:胃腸の不調。胃腸の粘膜でも炎症を起こしている場合があります。

対策:よく噛んで食べる。目標は一口につき30回以上噛むこと。腹八分目で押さえておくのも大事です。食べるものは消化にいいものにしましょうね。

 

●鼻・頬ニキビ

原因:肺・大腸の不調。便秘がちな人こそできやすい。

対策:水溶性の食物繊維などを積極的に摂って、お通じをよくしましょう。食物繊維は海藻・野菜・玄米などに多く含まれています。動物性脂肪や甘いものはよくないので、なるべく控えるようにしましょう。食べすぎ厳禁です。

 

●眉間ニキビ

原因:肝臓の不調。アルコールの飲み過ぎだけではなく、寝不足や甘いものの摂り過ぎも肝臓を痛める原因です。

対策:甘いもの・アルコール・加工食品・お肉類は摂り過ぎに注意しましょう。

 

●おでこニキビ

原因:胃腸の不調。睡眠不足や自律神経の乱れも大きく関わってきます。

対策:睡眠不足・スマホの見過ぎ・食べ過ぎに注意しましょう。

 

 

いかがでしょう?

できると腹立たしいニキビも、体の不調を教えてくれる素晴らしい役割を担っていたんですね★

体は正直です。無理のし過ぎは禁物です!

 

できてしまったニキビから体の不調を知れたら、もうニキビの役目は終わり。

なので、出来るだけ早く綺麗にしちゃいたいですね。

まろんのエステでは、ハイパーナイフor美容鍼によってニキビのケアもすることができますよ★

放っておくより、的確な方法で早くニキビとおさらばしましょう!

羽村市のエステならまろんのエステ